パーミッションの変更

パーミッションを変更するには、一般に次の方法が挙げられます。
  • FTP転送ソフト(WinSCPやFileZillaなどのGUIベースのもの)
  • ウェブコントロールパネル(弊社の場合)
  • SSH(Telnet)
最後のSSH(Telnet)ですが、操作がちょっと複雑なので、ここでは解説を省きますね。(「手ぬくな!」)

タラ~ン。(「チュラ~ン・・・つられたやんけ!」)
 

FTP転送ソフトを使ったパーミッションの変更

1. FFFTPに接続します。

2. パーミッションの変更をしたいファイルを選びます。では、ためしに「contact.html」を選びますね。パーミッションは「rw-r--r--」だよ~ん。(「お、ひさびさに登場」)

3. 「コマンド」メニューの「属性変更」を選ぶか、あるいは右クリックで「属性変更」を表示させます。現在のパーミッションは「644」ですね。

4. お望みのパーミッションに変更します。ここでは「644」から「601」へ変更しましょう。

5. パーミッションが「rw------x」に変更しましたね。これで完了。あとは保存してFFFTPを終了します。



STEP 8では、CGIスクリプトの設置を実演してみたいと思います。設置例は、アクセスカウンタとショッピングカートです。

乞うご期待!(「まあ、してやるか」)

 
STEP 7 クリアー!!!


 CGIスクリプトでアップグレードしようCGI設置例-アクセスカウンタ