ホームページ公開の仕組みは?

ドメインとサーバーが主役です

ホームページ公開に大きな役割を果たしているのは、ドメインとサーバーです。

「ドメイン? サーバー? なんのこっちゃ?」
そのお気持ちはよくわかります。百聞は一見にしかずで、まずは下図をご覧ください。
 
ホームページ開設・公開の基本

冷蔵庫のようなものが見えますか?あれが、サーバーという機器です。
サーバーは、パソコンとパソコンのあいだに立ってデータの受け渡し、リクエストの実行などを
行っています。

http://zennoh.com/ は、ホームページのアドレス(URL)です。そして「zennoh.com」部分がドメイン。このドメインは「yamada@zennoh.com」のように、メールアドレスにも使えます。アドレスがシンプルでスマートだと思いませんか?

インターネットは世界各国のサーバーがクモの巣(ウェブ)状に結ばれていることで生まれる仮想現実的な空間です。別名「WWW (ウェブ)」、「サイバースペース(電脳空間)」と呼ばれるのもこのためです。

インターネットの空間はとても広大です。地球、いや宇宙に匹敵するぐらい広いと思ってください。無重力の宇宙では縦・横・高さは関係なく、好きなときに好きなところへ移動できます。インターネットもそのようなもので、自由自在、いろんなことが可能です。

でも、たくさんの人が好き勝手なことばかりしていたらどうでしょう?
そうです、秩序が乱れて混乱が生じ、結局みんなに迷惑がかかります。そうならないためにも、A さんはインターネットのこの場所を使ってください、B さんはあの場所を使ってください、というルールを決めました。その場所がドメイン(「領域」の意)です。各自が専用のドメインを持つことで、他の人の場所を邪魔しなくてすみます。みんなが快適に利用できるようになるわけです。

インターネット上にホームページを公開するということは、このバーチャルな空間に自分専用の場所を購入して(ドメインの取得)、その場所を自分の好きなように活用する(サーバーの利用)ということなのです。

つまり、ドメインとサーバーがホームページ公開のキーパーソン、といったところでしょうか。